2017 / 04
≪ 2017 / 03 - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - - - - - 2017 / 05 ≫
Page.1927



2017年春アニメ視聴リスト


・月がきれい
1話目は視聴済み。
凄いクオリティなのにやってること滅茶苦茶地味で笑った。
ファミレスで同級生と会って滅茶苦茶気まづくなる感じとかリアルすぎてお腹痛くなったよ。

・エロマンガ先生
俺妹コンビの新作。
また兄妹の話らしいけど、今度は血の繋がりはない…。

・サクラクエスト
PAの新作が来たぞおおおおおお!!!!!

・夏目友人帳(6期?)
・アリスと蔵六
・冴えない彼女の育て方(2期)
・ベルセルク(2期)
・リトルウィッチアカデミア(継続)


リトルウィッチと夏目友人帳があるんですでに盤石の春アニメリスト。
他で期待してるのは最初に挙げた3つ。
スポンサーサイト
Page.1926



2017年冬アニメ視聴リスト

・3月のライオン
原作に忠実に作ってあった印象。
2クールやって消化したのは4巻と5巻の最初くらいまで。
これなら2期のストックも十分あると思うけど、次の話はテーマ的に見ててつらくなりそう(見るけど)。

・機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ
後半の叩かれっぷりが凄かったけど総じて面白かった。
今時にしてはやりすぎなくらいリアルな血の演出がこの物語を象徴していたと思う。
1期のラストがなんだかモヤモヤする勝利だったので鉄華団が最後にたどり着くのは破滅なんじゃないかと薄々は感じてたけどまさかここまでとは…。
鉄華団が多くの人を殺して栄光を手にして、その鉄華団を殺して理想の世界を作った人がいる。
ライドとタカキという対照的な未来を歩んでいる若手メンバーが印象的で、誰かを殺して理想を勝ち取った人はまた別の誰かに殺される可能性も示唆しているように感じた。

・うらら迷路帖
意外にも単なる日常系ではなくて、キャラが悩み迷いながら成長していくスポ根ノリの作品だった。
完全に好みの問題かもしれないけど後半にかけて失速していったと思う。

・政宗くんのリベンジ
良くも悪くもキャラもノリも話も全部古臭く感じた。
まるで7、8年前の売れ線ラノベを見ているよう。
ラストもグダグダで特に言うことなし。

・小林さんちのメイドラゴン
古臭さがあると言ってもこちらは別。
異種族の共生というテーマとギャグ萌えのバランスがよかった。
作画も良い意味で力が抜けていてさすが京アニだなーと。
「古臭い」ではなく「懐かしい」を感じさせられた辺りに意図したものを感じた。

・この素晴らしい世界に祝福を!2
ケモフレに完全に飲まれてたけど、普通に面白かった。
めぐみんとの絡みをもっと増やせって話ですよ!

・闇芝居4期
怖くなかった。

・リトルウィッチアカデミア
個人的に冬アニメNo1はこの作品。
2クールなのでまだ終わってないけど自分の中ではもう「グレンラガン」や「キルラキル」を超えてきてる。
爆発して真っ黒になったり、ぶつかってペチャンコになるみたいなアニメアニメした動きがかわいいね。
ファンタジーが使い古されて異世界転生とかグルメ系みたいに趣向を変えたものが流行ってそれすら飽和化している今日この頃。
「君の名は」みたいなリアル路線の青春作品が台頭してきて流れ的に王道ファンタジーの時代じゃない。
そんな風潮にカウンター浴びせるがごとく真っすぐなファンタジー作品をぶつけてくるのは凄いと思う。
個人的に第10話はアニメ史に残る神回だったと思う。

・BanGDream!
わざとやってんじゃないかってくらいベタなストーリー。
何の意外性もないベタな展開。
面白いけど滅茶苦茶面白いってわけでもない。
や、つまらないわけでもないんだけど…。
まだ完結してないのでラストに期待。

まとめ

2017年冬アニメでよかった、オススメの作品を自分の中で順位付けするならこんな感じ↓

1位 リトルウィッチアカデミア
2位 この素晴らしい世界に祝福を!2
3位 小林さんちのメイドラゴン
4位 3月のライオン
5位 ガンダム

記事が長くなったんで春アニメ視聴リストは別記事にて!
Page.1925





アマゾンプライムで「この素晴らしい世界に祝福を!」を一気見。
「異世界転生系」、「中高生を中心に人気」って理由から敬遠してたけど普通に滅茶苦茶面白かったです。
どこまでも牧歌的で緩いノリもいいけど何よりキャラがいいね。
メインヒロインは3人共可愛いけど、変な名前の魔法使いの子は人気ありそうだなーと思いました。

コテコテのファンタジー感と、モンハンドラクエみたいなゲームの文法(職業、魔法、演出等)が当然のように出てきてそれが理解できてしまうのも現代ならでは。
「魔法陣グルグル」にあるような昔のガンガン作品の雰囲気を残しながら、ファンタジーを再構築した結果がこれなのかもしれません。
Page.1924

お久しぶりです。
昨年末はオアシスのドキュメント見て、映画館から出てきた時は完全にノエルギャラガーになり切ってました。
それからずっとオアシス期が続いてて最近ようやく他の音楽聴き始めました。





こちらのバンド「GEZAN」は以前に一度聴いたときからずっと心に引っかかっていました。
声は癖があるしメロも滅茶苦茶いいってわけじゃないけどなんか不思議な引力があったんです。
なんか懐かしい気持ちになれるような、一言でいって音に情緒があるんだと思います。
詳しく調べてみるともう解散しているバンドでした。
Page.1923





どうも、お久しぶりです。
最近はwhoしか聞いてないです。
テクノっぽかったりハードロックっぽい後期よりも初期の音の方が好み。
↑のはpopだけど絶妙な哀愁があっていいですね。



ライブ映えしそうな明るい曲かと思いきや中盤からの変化は鳥肌モノ(あんまり使いたくない表現だけど)。
ビートルズほどカッコよくないしビーチボーイズほどいいメロじゃない、そんなフーにしか作れないエモさを感じます。
ゴッホの絵みたいにうねりのあるピートのボーカルが滅茶苦茶カッコいいですね。
今年はモッズで行こうと決めた12月。

以下アニメの話↓↓
今期は「フリップフラッパーズ」がダークホースですよ!
ガールミーツガールでキラキラドロドロジェリービーンズのようなファンタジー。
設定とか出てくるモノは全然違うのにおとぎ話とか童話みたいな雰囲気があります。
そういう感じを現代のアニメ表現に落とし込めてるのは凄いと思います。

他、オススメは続き物ばかり。
ユーフォ(2期)、ブレイブウィッチーズ(スピンオフ)、ワーキング(スピンオフ)、ガンダムオルフェンズ(2期)、夏目友人帳(5期?)などなど。
今期スタートやオリジナル作品では卓球娘とガーリッシュナンバー、3月のライオンが面白いです。
ここまで面白いとしか書いてないのでお分かりの通り、今期は個人的に豊作ですね。